恋愛工学による鬱病治療実践レポート

恋愛工学により鬱病治療を実施している男の闘病記。 元公務員だが、鬱病で退職。現在は起業し、日本と海外を行き来しつつ貿易関係の自営業を営む。子供は2人。もうすぐ40歳。大阪出身。 試行・挑戦・勇気が自分自身を強くし、自信を取り戻し、鬱病を治す。 このブログが、一人でも多くの同じような状況にいる方の励みになれば幸いですし、何よりも自分の戦いの記録として残しておきたいと考えています。

Grit is passion and perseverance for very long term goals. ~ Angela Duckworth ~ アンジェラ・ダックワース氏の2016年の著書『GRIT やり抜く力』を読んだ。彼女は、1992年にハーバード大学で神経生物学の学士をとり、96年にはオックスフォード大学で ...

先日、2日間で4人の女性と、マッチングアプリ経由で面接を行ったので、まずはその概要を記したい。○マッチングアプリの「面接」 〜 お互いがお互いを見定める時間 〜1 アラサー、小学校教員。B−。初めて使用するカフェを面接会場とした。不断の開拓である。コーヒーは ...

セックス不足という状態は、男性をセックスから最も遠ざける状態である。それが何故は、恋愛工学で明確に説明されている。セックス不足の男は、女性と相対したとき、日和るし挙動不審になる。何より、セックス不足なので、「なんとしてもこの女性とセックスしたい!」という ...

先日、新規のゴールをした。彼女はアラサーで、大手製薬会社のオフィスの受付をしている。Bクラス。ふわっとした雰囲気が可愛らしく、ゆるやかな時間が流れ、一緒にいてとても落ち着ける相手だった。出会いのエンジンとなったのはマッチングアプリ。マッチしたあと、一度お ...

イギリスは、美人の多い国だった。女性は、雪のような白い肌、青い目、濁りのない綺麗なストレートな金髪。背が高く、スタイルが良い。さらっとコートを着こなし、ストールを巻いて、とてもおしゃれに見える。男性もクールだった。メインストリートを闊歩する男性は背が高い ...

ここ最近、訳があって、なかなかストリートで声かけをすることができていない。この理由は物理的なものだ。それによって、ストリートに出るという行為の精神的コストが高くなってしまっている。事実として、現実のフィールドでの声かけ数をしっかりと積み重ねることができて ...

精神的な「気持ち悪さ」を覚えたセックスがあった。俺が働いている職場でアルバイトをしている女の子がいた。彼女は数カ月勤めたあと、転職のために職場を去ることとなった(俺はサラリーマンをやめたあと、貿易関係の仕事を起業したが、複数の個人事業主が歩合制で働くある ...

彼女に声をかけて、ゴールしたのは去年の秋だった。そして、俺は彼女を傷つけてしまった。今思い出しても、申し訳ない気持ちになる。今日はそのことについて思い出しながら書きたいと思う。去年の秋。俺はいつものようにストリートで声をかけていた。彼女とすれ違い、俺は走 ...

5月。ここ一年間の活動を振り返る機会があった。鬱病に苦しみ悶えていた頃の自分からすれば、ストリートナンパという信じられない挑戦をしてきたし、決して少なくはないと思うゴールを、自分の勇気と行動から生み出してきた。始めたきっかけは、金融日記だったり、恋愛工学 ...

↑このページのトップヘ