恋愛工学による鬱病治療実践レポート:毎週金曜日更新

恋愛工学により鬱病治療を実施している男の闘病記。 元公務員だが、鬱病で退職。現在は起業し、日本と海外を行き来しつつ貿易関係の自営業を営む。子供は2人。もうすぐ40歳。大阪出身。 試行・挑戦・勇気が自分自身を強くし、自信を取り戻し、鬱病を治す。 このブログが、一人でも多くの同じような状況にいる方の励みになれば幸いですし、何よりも自分の戦いの記録として残しておきたいと考えています。

2019年06月

ここ最近、訳があって、なかなかストリートで声かけをすることができていない。この理由は物理的なものだ。それによって、ストリートに出るという行為の精神的コストが高くなってしまっている。事実として、現実のフィールドでの声かけ数をしっかりと積み重ねることができて ...

精神的な「気持ち悪さ」を覚えたセックスがあった。俺が働いている職場でアルバイトをしている女の子がいた。彼女は数カ月勤めたあと、転職のために職場を去ることとなった(俺はサラリーマンをやめたあと、貿易関係の仕事を起業したが、複数の個人事業主が歩合制で働くある ...

彼女に声をかけて、ゴールしたのは去年の秋だった。そして、俺は彼女を傷つけてしまった。今思い出しても、申し訳ない気持ちになる。今日はそのことについて思い出しながら書きたいと思う。去年の秋。俺はいつものようにストリートで声をかけていた。彼女とすれ違い、俺は走 ...

5月。ここ一年間の活動を振り返る機会があった。鬱病に苦しみ悶えていた頃の自分からすれば、ストリートナンパという信じられない挑戦をしてきたし、決して少なくはないと思うゴールを、自分の勇気と行動から生み出してきた。始めたきっかけは、金融日記だったり、恋愛工学 ...

↑このページのトップヘ