恋愛工学による鬱病治療実践レポート:毎週金曜日更新

恋愛工学により鬱病治療を実施している男の闘病記。 元公務員だが、鬱病で退職。現在は起業し、日本と海外を行き来しつつ貿易関係の自営業を営む。子供は2人。もうすぐ40歳。大阪出身。 試行・挑戦・勇気が自分自身を強くし、自信を取り戻し、鬱病を治す。 このブログが、一人でも多くの同じような状況にいる方の励みになれば幸いですし、何よりも自分の戦いの記録として残しておきたいと考えています。

2020年08月

俺の最近の恋愛活動というか人生活動は、「セックスできる非モテ」「声かけできる非モテ」からの脱却を方針として進めている。 QOL至上主義から抜け出し、無駄・非生産な活動・行動を敢えてすることで、自分の人生経験の幅を広げ、男としての魅力を高め、人間としてのコンテ ...

ここ最近は、面接の不調が続いていた。プレイヤーとして情けない立ち回りになっていたと思う。○非モテ100%の逃避行動 〜 面接から逃げ出した日 〜○最近の恋愛活動記録 〜 コロナ対策をしながら、恋愛活動を実施 〜他方で、「スライム倒しのプロから脱却する」という ...

自分の中で大きくなっていた課題意識がある。それは、俺は「セックスのできる非モテ」であるという現実である。 恋愛工学のモテの基礎公式に、 モテ = ヒットレシオ × 試行回数 がある。 この公式に基づき、スタティスティカルアビトラージ戦略で同時進行的にいろんな女 ...

俺が恋愛プレイヤーとして活動をはじめるきっかけとなった本が、藤沢数希所長の『僕は愛を証明しようと思う。』(僕愛)である。ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫)藤沢数希2018-04-10本書を読んで衝撃を受け、恋愛工学を知り、金融日記を購読した。それからフィール ...

↑このページのトップヘ