※正直、恥をさらすだけなので、この記事は書くのを躊躇ったが、自分自身に喝を入れるために書く。記録に残す。



今日は新宿三丁目にやってきた。


俺はアジアで活動しながら、チバさんの美女ナンパのブログを読んでいた。そして、東京に行く機会があれば、チバさんのスクリプトを活用させていただきつつ、美女ナンパに挑戦してみたいと思った。


○美人な彼女の作り方
https://nanpawars-blog.net/kanojo-tsukurikata


この記事の中では、新宿三丁目のデパート付近、銀座四丁目交差点、表参道欅並木がスポットとしてあげられている。時間帯は19時から22時が推奨されているが、俺が選んだのはその中で一番馴染みのある新宿三丁目のデパート付近。街に降り立ったのは夕方16時頃。


まず、新宿南口が様変わりしていて驚いた。バスタ新宿とか、こんなのあったっけ?そして、圧倒的な人の数。人、人、人。大都会東京は凄まじい。


そして、新宿三丁目に歩いて移動する。街に圧倒されてしまい、可愛い子をスルーしながら三丁目に歩いていた。(街を見てどうする!女の子を見ろ!)


新宿三丁目のデパート付近に到着である。


images (3)



ここも凄い人だ。俺は、かなり自律神経を乱していた。身体が固まる。地蔵の恐怖が襲う。とりあえず10分くらいかけてあたりを一周回り、早く一声かけ目をしなくては、と焦っていた。


すると、交差点からこっちに向かって歩いてくるAクラス。ルイ・ヴィトンのカバンを肩からぶら下げ、高飛車な感じ。一度行き違いさせ、後ろから追い越し、斜めから話しかける。


俺 「あの!」「今そこですれ違って。とてもタイプなん……」
彼女 「いいです」


圧倒的なATフィールド。一気に弾かれた。ガンシカだ。これが新宿三丁目の美女か。しかし、ストナンでは、ガンシカはデフォルトである。


それから、伊勢丹の前に歩いて戻ると、そこにはSクラスが。吹石一恵似。CAっぽい雰囲気を漂わせる。彼女が交差点を渡ったところを追いかけて、同じ要領で斜め前から声をかける。

ダウンロード



俺 「あの!伊勢丹の前でお見かけしました。とてもタイプなんです。」
彼女 「急いでいるので。」
俺 「少し立ち止まってくれませんか。」


心なしか少し微笑んでくれたように見えたが、スタスタ歩いていってしまった。


美女ナンパは誠実系のルーティンでやろうと決めている。あとは、自信を漲らせて、美女の目を見つめて、堂々とやれば、オープンするときがあるだろう。どんどん次に行こう。




しかし、次に行けなかった。



その後は、ダラダラ新宿三丁目の街を歩き回り、南口を歩き、池袋にも移動した。途中、何度も多くの女の子たちが目に入ったが、地蔵を重ね、次第に声をかけようという情熱がどんどん萎み、俺はとうとう3声かけ目をすることなく帰路についた。


一声かけ目、二声かけ目はだいたい15分くらいだろうか。それから、約3時間、俺は何もできなかった。


何もしようと思えなかった。



●今回学んだこと

(一)美女ナンパは荷が重い。
セックス不足の俺が、こんな上級クラスを誠実系のルーティンで相手にできるとは思えなかった。チバさんと俺は天と地の差だ。セックス不足を解消するため、まずはB-の子から始める必要がある。

(ニ)ルールを決めてストナンしよう。
3時間無駄にしたことを大いに反省している。場所、制限時間、ターゲット、声かけ目標数、静的オープナーを事前に決め、それをひたすら実行するように自分自身をプログラミングしよう。ただ、街に行って、さぁやるかー、では無策過ぎる。時間と体力を摩耗している。今一度、ケーゴさんのブログを読み直そう。




俺はもっともっと可愛い子とセックスしたい。自分の人生でまだそれは諦められない。今日は情熱の火が消えて不安になったが、このブログ記事を書いていて、気持ちが残っていることは確認できた。まだまだ走りつづけようと思う。