同門の友達と話していたとき、以前、こんなエピソードがあったことをふと思い出した。


それはまだ勤め人時代のこと。


仕事で忙しい日々が続いていて、毎日遅くまでブロジェクトの進捗と向かい合っていた。


仕事は、打ち込めば打ち込むほど楽しくなるものだが、俺は決して仕事人間ではない。仕事、恋愛、プライベートの3本柱の全体最適を考えながら日々生きているので、仕事に全リソースを投下しているビジネスマンとは勝負にならない。


いいんだ、だって大切なのは、仕事に勝つことではなく、人生に勝つことだろう。



俺は恋愛レベルを上げるために、歯のホワイトニングを始めようとしており、歯科医の予約をした。


そして、その時の上司に歯科医診察のために、半日有給休暇をとらせてもらおうと考えていた。


しかし、自分の頭には、「仕事が忙しいタイミングで有給休暇の申請をしていいのだろうか」「歯医者の予約をキャンセルして、もっと仕事が凪のときに休みをとって行くべきではないか」などなどの自動思考が湧いて出てきた。


自動思考に襲われたため、しばらくの間、椅子でオーバーシンキングする。



「仕事が忙しいタイミングで休みを申請したら、なんだこいつは空気が読めないやつだな、と思われることだろう。」


「歯医者の予約をキャンセルしたら、次いつ予約とれるかわからないな。そもそもホワイトニングなんかをする必要があるのか」



などなど面倒くさい思考の海に溺れる。



面白いのは、俺が勝手にオーバーシンキングして、あれこれと悩み、メンタルポイントを浪費しているのである。誰に何を言われたわけではなく、俺が勝手に思考しているのだ。



そこで、俺は整理した。 



まず自分に欲望をきいたところ、「ホワイトニングは行く、だってスト値を上げたいから。」とのことだった。


そのためにはとりあえず有給休暇申請して、リジェクトされたら、ホワイトニングをリスケジュールする、という段取りにした。



となると実行するのみ。


images


ボスに電話をして、歯医者に行きたいので休んでいいかを聞いたところ、「諸般の事情でダメ」とリジェクト回答されたので、次は歯医者に電話し、リスケジュールの調整を行った。


以上である。



とてもシンプルな話で、一体全体俺は何にそんなに悩んでメンタルポイントを浪費してたんだろうという話だ。



ここから学べるエッセンスとしては、


まず自分がやりたいことがある場合は、とりあえずやりたいですと言って実行してみる、そしてリジェクトされた場合、次の案を実行してみる。


たったこれだけのことだ。


実行→リジェクト→次案実行→OK(リジェクトの場合ループ)


本当にこれだけのこと。何も忖度したり、深読みしたり、先読みしたり、不安になることもない。



これが恋愛ゲームであれば、


セックストライ→リジェクト→はい、次いこう


これだけの話である。



悩むのはめんどくさい。


リジェクトされるかどうかなんかわかんないんだから、とりあえずシュート打ってみよう。リジェクトされたら次の案に移るだけだよ。