新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、5月31日まで延長された。


緊急事態宣言が延長されたことで、多くの飲食店や商業施設が引き続き営業時間の短縮や休業をしていくことになるだろう。また、人々は、三密を避けるため、不要不急の外出を避ける、人との接触を減らすSocial Distancingが続いていくことと思う。




そんな中、在宅中でも、自分のファンダメンタルズバリューを高めていくことの重要性は、俺もブログを書いたし、多くの著名プレイヤーが語っている。










在宅中のススメとして、今日は、思考や感情をノートに書き出すことを習慣化することをおすすめしたい。


ノートに書くことは、自分の感情をアウトプットすること及び客観視することがメンタルヘルスに効果的であるし、自分の人生の方針や哲学を整理することで日々の生産性が向上することに繋がる。

images




さっそく説明していこう。



俺は2015年に精神疾患(鬱病)を発症してから、悲観や不安の自動思考にとらわれ、メンタルが落ちてしまうことがたくさんあった。


例えば上司から(当時は、東京のThe 日本企業の平社員サラリーマンだった)、ちょっとした事を頼まれたり自分の仕事の進捗状況を確認されただけで、「自分は仕事ができない人間なんだ」 「上司に聞かれる前に自分から上司に報告できないなんて、自分はサラリーマンとして失格だ」「これで自分の人事評価にバツがついてしまった 」「どうせ俺は仕事ができない奴だと思われてるんだ」 などといったネガティブな自動思考に襲われていた。


そんな悲観的で不安のマインドにとらわれているとき、一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長の大野裕先生の『はじめての認知療法』を読み、そこで紹介されていた「コラム法」という手法を試した。コラム法は、厚生労働省のホームページでも紹介されている。










このコラム法の目的は何かと言うと、今の自分の自動思考が、果たして現実に沿っている正確認知なのか、あるいは悲観や不安がドライブして非現実的な認知ものになってしまっているのか 、そういったところを書き出すことで客観的に見直し、正しい認知を導く訓練になるものだ。


コラム法は、俺もやっていて思ったが、書き出すことが多く、実践し続けるのは正直骨が折れるので、途中でやめてしまった。



column
※これを書くのはしんどい



とはいえ、自分の感情を紙に書き出すということは、自分の思考を整理する上でもとても役立つし、認知行動療法にもつながるものでとても有益であるので、ノートに感情や思考を書き出すために、日記をつけるようになった。



具体的にどんな日記だったかということを説明したい。


俺はサラリーマン時代は、結婚していたので(今は離婚済)婚外恋愛のプレイヤーだった。


そのため、①家族、②仕事、③恋愛の3本柱を三つのタイトルとして、それぞれの分野で、自分の現状はどうなってるのか、自分の今の課題は何なのか、今後自分はどうしていきたいのか、を紙に書き出して、自分の方向性を整理していた。


また、仕事で生じた自分の自動思考というものを紙に書き出して、それを客観的に分析してこれから自分はどうするのかということにフォーカスして考えていた。


ノートに自分の思考と感情を書き出しておく。毎日、そのページを読み直したり、書き足すというサイクルを繰り返す。これによって、自分の方向性や自分の考えていることや自分のしたいことが明確になってくる。


明確になっていれば、日々起こる細かな出来事にあまり反応しなくなってくる。要は、心が揺さぶられなくなってくる。動じなくなってくる。自然と、非現実的な自動思考に苦しまれることがなくなってくるのだ。




思考や感情を紙に書き出すこと、日記をつけていくことにより、


短期的には、自動思考の整理により、認知の歪みを正してメンタルヘルスに繋がり、


長期的には、自分の人生の課題に対する方針や哲学、さらには行動プランが明確になることで人生の生産性が向上する。




なので、読者の皆様には、思考や感情を紙に書き出す、日記を書くことを、強くオススメしたい。




なお、恋愛工学生であり、voicyでも著名なサウザー氏が、ブログで日記を書くことを勧めている。voicyも聞いてみてほしい。





俺が最近動画を見ているまこなり社長の動画でも、日記を書くことが思考力を高めることに繋がると説明されている。




さらに、メンタリストのDaiGo氏が、エクスプレッションライティングの効能を説く。



(引用)
ストレスはほとんどの場合、「自分をよく見せよう」「自分の感情を抑えよう」と思ったときに起こります。そうするとメンタルが弱くなりますから、自分の感じたことを“素直に”紙に書いて吐き出しましょう。




書くことの素晴らしいメリットは、多くの綺羅星プレイヤーが支持しているし、俺も実感としてその有効性を強く感じている。


始めない理由はない。



さぁ、紙と鉛筆を用意しよう!