やはり、すべての悩みは対人関係だった。


俺は鬱病になって以降、メンタルヘルスには人一倍気をつけているし、承認欲求を否定し、課題の分離を行い、「嫌われる勇気」の実践に日々取り組んでいる。


恋愛工学に基づくプレイヤー活動から、マインドセットが上書きされ、自分にコントロールできることだけに集中して、自分のリソースを注いで日々実務家として生きている。


自分の現状をしっかりと受けとめ、目標・ゴールまでのギャップを客観的に観察し、日々現実的で意図的な努力を黙々としていくだけだ。



○つまり、こういうことだ

Robin van Persie teaches his 13-year-old son a life lesson



自分は相当メンタルをコントロールする術を身に着けていたと思っていたが、今回、承認欲求を否定すること、課題の分離を行うことは困難で、大きく感情に支配されてしまった出来事があった。



俺には、取引を開始してから1年間ほどの付き合いがあるクライアントがいた。このクライアントとは、日本・海外間の貿易業務でお世話になっていた。


自分の英語力や海外勤務経験も活かせていたし、クライアントと一緒に海外渡航をしたりして、良い関係を築けていたと思う。まだ1年間の取引だが、今後もお付き合いを続けていけるという期待があった。


ただ、今回、俺以外にも、他の会社と取引を開始する旨の連絡があったのだ。私よりも、このクライアントの関心が強い分野についての専門性が高い会社であり、その会社と取引していくということだ。


いろいろ分析した結果、専門性や分野精通性の観点からは、他社の方がクライアントのニーズを満たしているということを認識した。これは客観的事実である。


クライアントがハッピーになることが正義なので、恋愛活動で他の男にセックスで上書きされた場合と同様、現実を受け入れて、「はい、次!」と意識を切り替えたいところだが、「俺は評価されなかった」「俺は用済みなのか」「悔しい、なんで他社にとられたんだ」という非モテコミット感が出てきてしまい、マイナスな自動思考に襲われた。


生々しい話をすると、とても仕事がやりやすかったクライアントであったので、自分が投下するリソースに比べてリターンの高い、comfortableな相手だったのだ。


居心地がよかったからこそ、精神的なサンクコストが生じていたと思うし、一貫性の原理から、クライアントがいなくことに対する不安・悲観の自動思考があったのだと思う。


他のクライアントと同様の取引をする場合は、同じリターンを得るためにはより多くのコミットをする必要があるので、既得権益を失ってしまうような形になる。相手のことを一から情報収集して分析し、関係構築のために日々積み重ねなければならない。


俺は冷静さを失い、夜も中途覚醒で断続的に目が覚めてしまう事態となった。


images


ノートに思考・感情を書き出すため、4ページほどのノートに感情を書きなぐった。ぐちゃぐちゃと書いた。



思考のススメ 〜 ノートに自分の感情と思考を書き出そう 〜



そこから見えてきた答えは、


・どの取引先を選ぶのかをクライアントの課題。俺にはコントロールすることができない。
・コントロールできないことにあれこれ悩んだり、不満を言ったり、予期したりしても、エネルギーを無駄遣いするだけ。
・俺はコントロールできることに集中すべきであり、目の前のことにベストを尽くすことのみ。
・ベストを尽くした結果でも、rejectされたしまったのなら、現実を受け入れ、「俺はこれからどうするのか」だけを考え、次の相手に対してベストを尽くすだけ。



当たり前のこと、シンプルなことだった。


起こった事実に対して、自分はどう向き合うのか、どういう意味を与えるのか、俺はこれからどうするのか、だけは自分にコントロールできる。世界観(ライフスタイル)は自分で選べるのだ。


そして、すべては諸行無常なのだ。そもそも世の中は理不尽だ。いつだって、クライアントを失う勇気、居場所を失う勇気(立ち去る勇気)は持っていなければならない。


相手や環境に期待を持ちすぎてはいけない。そもそも予想外のこと、理不尽なことがあって当たり前なのだ。いちいち反応するのはナイーブなだけだ。



鬱に効く本『頭に来てもアホとは戦うなー人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法ー』



次の相手がすぐに見つかるかはわからないが、自分の人生の全体最適を考えつつ、目的合理性を持って、経済合理的に活動していくだけだ。


俺ができるアクションとしては、自分が伝えたいことをクライアントに伝えるだけなのだ。それに相手がどう反応するかは自分にコントロールできない。課題の分離である。


とはいえ、そうやって自分で整理して以降も、ちょいちょい自動思考が浮かんで来る。


すべての悩みは対人関係であり、課題の分離をして承認欲求を捨て去るのはそう簡単なことではない。



だけど、俺はメンタルヘルスを究めたい。極めたい。


これからも価値基準を自分の中に置いて生きていこう。



Dog barks but caravan goes on


images (1)