1ヶ月ぶりの更新です。8月9日(火)に精神科に通院し、サインバルタを3日間で40mgから,2日間で20mgに減薬した。2日に1回、20mgカプセルを飲む感じである。しばらく更新しなかったのは、それは調子が良かったからだ。調子が良い時は、ブログを更新しようという気にはならない。調子が悪くなってはじめて、ブログを書こうという意思になるのである。



さて、今日は8月24日(水)。減薬してから約2週間だが、少し「脳の気持ち悪さ」の症状が出ているため、ブログを書こうと思った。また、先週木曜日に仕事上でささいな指摘(本当に些細な)を受けて、それがストレスになってしまったのか、胃腸の不快感や内臓のピリピリする痛みなどにさいなまれている。ちょっとストレスを感じただけで体調不良になるのはなんとも情けない話しだ。次回の診察は9月6日(火)を予定しているが、その時は以下のように先生に言うつもりだ。



・8月18日(木)に仕事上でささいな指摘を受けたことがストレスになったのか、胃腸の不快感、若干の胸の苦しさ、内臓のピリピリ、身体の火照り、発汗などの症状が出現。2日~3日はストレスを何度も思い出し、症状と闘っていた。腹式呼吸を繰り返すことである程度は緩和する。

・8月9日(火)に減薬して約2週間後の8月24日(水)に、脳の気持ち悪さが出現。離脱症状と思われる。

・のような状況なので、次の1ヶ月は減薬せずに据え置きとするのが良いと思うが、いかがか。




のような感じである。やはり体調不良にさいなまれていると、インターネットで症状を入れて検索するようになってしまう。焦らずやっていきたい。