12月19日(土)。寝起きから、体調が最悪でした。異常事態発生です

とにかく頭が痛く、締め付けられるような感じがする。また、両足の膝から下に違和感(むずむず)があり、足をガクンガクン揺らさざるを得ない状態。さらに、胸が苦しい。そして、身体全身に異様な寒気を感じる。

突然、鬱病が悪化したのかと思い、絶望的な気分になりました。今まで順調に回復してきて、仕事もうまく立ち回れている実感が出てきたのに、どうして急に?今までのしんどい治療の日々を思い出し、一気に悪化してしまったと思い、精神的にやられました。

妻が、朝ご飯を作ったから、早く食べに起きてきて!と言ったのが朝10時過ぎ。既に目は覚ましていましたが、寒気と頭痛と身体全身の違和感でなかなか起きれず、なかば奇声をあげるように気合いを振り絞り、なんとか起き上がって朝食台に行きました。その際、鏡で自分の顔を見ると、なんていう鬱顔。

朝食を食べ、いつものようにサインバルタ20mgを二つ、リーゼ2.5mg、ミラドール50mgを飲みました。少しでもこれで良くなるかと思いきや、体調は一向に良くなりません。こんなに一気に悪化するものなのか、朝食後はとりあえずこたつで横になりました。

娘を公園に連れて行くという私の休日のジョブがありましたが、とてもできそうもない。妻に断って布団に入ることにしました。そこで、ふと熱を測ってみると、、、38.2度!なんと、発熱していました。寒気も最高潮に達していたので、近所の病院にそのまま駆け込み診察を受けることに。(夏に胃カメラをやった病院です。)

しかし、病院につくものの、待合室で座ることも困難で、急遽ベッドで横にさせてもらうことに。そのまま、心配した看護師に血液採取してもらったところ、白血球の数値が、8月に胃カメラをやった時にくらべて、2倍近くにあがっているとのこと。インフルエンザなら、通常白血球の数値は落ちるので、何かの感染症だろうとのことで、抗生物質と解熱剤をもらうことに。その際、先生には抗鬱薬を飲んでいることを説明し、飲み合わせも確認。問題ないとのことで安心しました。

帰宅後、熱は38.8度まで上がっており、フラフラな状態。とにかく寒気がひどい。すぐに薬を飲んで、ポカリスエットをがぶ飲みし、土日はひたすら布団で横になっておりました。

ありがたいことに本日、月曜日からは回復!!鬱の悪化ではなく、感染症だったみたいです。鬱の悪化だけがとにかく心配だったので、普通の体調不良で良かったです。見極めって、難しいですね。