恋愛工学による鬱病治療実践レポート:毎週金曜日更新

恋愛工学により鬱病治療を実施している男の闘病記。 元公務員だが、鬱病で退職。現在は起業し、日本と海外を行き来しつつ貿易関係の自営業を営む。子供は2人。もうすぐ40歳。大阪出身。 試行・挑戦・勇気が自分自身を強くし、自信を取り戻し、鬱病を治す。 このブログが、一人でも多くの同じような状況にいる方の励みになれば幸いですし、何よりも自分の戦いの記録として残しておきたいと考えています。

カテゴリ: 心の病との戦い

緊急事態宣言がついに解除された。 ミクロレベル(日本)で見ると、コロナが収束しているように思うかもしれないが、マクロレべル(世界)で見ると、感染爆発の真っただ中であり、引き続きpandemicalである。 日本政府は「新しい生活様式」を全国民向けに打ち出しているので ...

やはり、すべての悩みは対人関係だった。俺は鬱病になって以降、メンタルヘルスには人一倍気をつけているし、承認欲求を否定し、課題の分離を行い、「嫌われる勇気」の実践に日々取り組んでいる。恋愛工学に基づくプレイヤー活動から、マインドセットが上書きされ、自分にコ ...

緊急事態宣言の一部解除が決まったが、恋愛活動については引き続き「完全自粛」を続けいてる。俺は最近、自粛期間中にファンダメンタルズバリューを高めるための活動として、書籍紹介のYouTube動画をみて音声学習している。具体的には、サラリーマンYouTuberのサラタメさんや ...

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、5月31日まで延長された。緊急事態宣言が延長されたことで、多くの飲食店や商業施設が引き続き営業時間の短縮や休業をしていくことになるだろう。また、人々は、三密を避けるため、不要不急の外出を避ける、人との接触を減 ...

同門の友達と話していたとき、以前、こんなエピソードがあったことをふと思い出した。それはまだ勤め人時代のこと。仕事で忙しい日々が続いていて、毎日遅くまでブロジェクトの進捗と向かい合っていた。仕事は、打ち込めば打ち込むほど楽しくなるものだが、俺は決して仕事人 ...

Youtuberとしても活躍されている、株式会社div社のまこなり社長が、メンタルが壊れる危険な考え方ワースト5という動画をリリースした。○【絶対禁止】メンタルが壊れる「危険な考え方」ワースト5認知の違い(物事の受け止め方の違い)で、人生が全く違う方向に進んでいく、人 ...

少し前の話だが、当時、20代前半のLTRがいた(LTRというほど長い付き合いはしていないのだが。)。出会ったときから、向こうからの食いつきが強く、ゴールはタイプ落ちだと分類している。そんな彼女と、会ってはご飯を食べて、その都度ゴールしていた。俺は、彼女のTaker感 ...

自分自身に対してエクスキューズをするつもりは無いが、ここ最近、プライベートの人間関係で色々と問題があり、精神的にかなり疲れてしまっていた。漫画『うつヌケ』の突然リターンのような状況だと思う。 何がトリガーとなってリターンになるかは、自分で理解している。俺 ...

Jリーグ栃木SCのマーケティング戦略部長の「えとみほ」さんが、以下のツイートをした。えとみほ@etomiho自分はうつ病になったことがきっかけで、そこから仕事との向き合いが大きく変わったんですよね。他人になんと言われようが「義務感(やらされ感)」が全てになったらきっ ...

先日、抜け毛に関する記事を書いた。●突然、増え始めた抜け毛 ~ AGAとは何か ~現在も相変わらず脱毛は続いており、目視したところ、1日に300本は脱毛している。視界に入らない短い毛のことを考えると、500本は抜けているだろう。男性の1日の平均脱毛数が5 ...

カミングアウトしよう。俺は、ここ一ヶ月の間、強めの抑鬱状態に陥っている。日本に一時帰国したあと、当地に妻子と一緒に帰ってきたのが7月中旬。日本では、1日妻の実家に滞在し、妻、妻の両親と私との間で価値観のぶつかり合い喧嘩をした。このブログに詳細は書かないが、 ...

今日は日曜日。仕事はお休みである。 妻はソファーでだらしなく昼寝し、娘はアイスクリームを食べながらYoutubeでヒカキンのゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの実況動画を見ている。 来月、久しぶりに日本に帰国する予定だ。そして、帰国時の諸々の動き方を確認するために、 ...

今日から新年度。桜舞う春。多くの新社会人がフレッシュな気持ちを胸に、人生で初めて務める会社に向かう。また、多くの社会人が、人事異動や転職などで、新しい環境へと一歩踏み出す。そう、「環境が変わる」季節だ。環境が変化するからには、その環境に適応しなければなら ...

2015年4月の環境変化をきっかけに、俺は、精神疾患にかかり、様々な苦痛を味わってきた。 パニック発作、胸部圧迫感、胃腸の不快感、一晩数十回の中途覚醒、バッドタイム、抗不安薬の離脱症状による脳みその揺れ・・・。 今までこのブログを読んできてくれたみんなには ...

うつ病治療のため、ストレスマネジメントのため、意思決定の質を担保するため、日々、認知療法・認知行動療法を実践している。基本的には、不安、焦り、憂鬱、悲観、無力感、後悔などのネガティブな気分に陥った時に、その直前に頭の中に浮かんだ自動思考を切り出し、それは ...

↑このページのトップヘ